デリヘル嬢の私が仕事でテンションが上がる瞬間

最初は興味本位でデリヘルを始めたけれど昼の仕事を辞めて本業になり、最近ではデリヘルの仕事にも慣れてしっかり目的意識をもって稼いでいます。

*

市原のデリヘルの仕事とメンタルの維持

なぜ興味本位で始めた仕事なのに1年半も続けられているか?市原で私がデリヘルで長続きしている理由は3つです。

1つ目は私が働く市原のデリヘル店が高級店で質が良いこと。同僚はモデル並みのスタイルと女優レベルの顔の持ち主ばかり。その上礼儀作法もしっかりしていて、事務所の中でも綺麗な言葉使いや優しい心遣いで雰囲気がとても良いのです。私の長所でも短所である負けず嫌いが発揮してしまい、負けていられないと日々奮闘している毎日。高級店がゆえに働く同僚の美貌や人間性に負けまいと「女」を磨く。普通の店で働いていたらこんな意識は持たなかったかも。おかげで?プライベートでも俄然モテるようになりました(笑)。そして当店の女性メンバーはみんな、とても仲が良く、この仕事を初めて1年半で親友が3人もできました。

2つ目は、やはり給料の良さ。他店の給料システムは良くわからないけど、たぶん市原でも普通のデリヘル店とは価格帯が違う様でお給料が良い。また、給料の良さに加え、当店の男性スタッフは極め細やかなケアにも優れています。
例えば、個人的な悩みなども親身になって相談にのってもらっているから、仕事にも身が入るんです。

そして3つ目は、幸いなことにお客様の質がとても良いこと。市原で出会った店の良さと、給料の良さ、お客様の質の良さの3つがデリヘルで長続きしている理由です。そりゃあ、私も人だし女の子だから、嫌なお客様も中にはいます。どうしても、どうーしても、合わないお客様だっています。仕事はキツイ事もあるし、辞めてしまおうと思うことも普通の企業に勤めている人と同様あるけれど、そんな時、私を元気にしてくれて笑顔にしてくれるのが常連のお客様。常連のお客様は紳士で素敵な人ばかりなんです。私が最も重要視しているのがお客様。素敵なサプライズや女の子に対する紳士でスマートな対応。お腹をかかえて笑ってしまう程の面白トーク。アイドル顔負けの美青年や親しみやすい優しいお客様など、本当に色々な方とお会いし触れ合いました!
一緒にいて癒される女性と遊びたい時はエッチなプレイやサービスが得意な私たちと楽しむと羽を伸ばすことができますよ。中には女性との会話が苦手なお客様もいますが、そんなシャイな方でもご安心ください。私たちはそういった男性でも問題なく愉しませることができる自信があるのですから。
市原のデリヘルで自慢のテクや叶えたい願望がある時にも色々なプレイスタイルの女性がいるので、フリーダムに遊ぶことができるのです。
とてもシャイなタイプの女の子と恥じらいながら高校生のような初々しいプレイをすることもできますし、お互いが汗だくになりながら激しく求めうようなとてもエロいプレイをすることもできます。男性が黙っていても黙々と献身的にサービスをしてくれるタイプの女性もいますし、逆に男性側にたくさんの要求をするような女王様タイプもいます。
オプションなどもも充実しているので、ここぞとばかりに欲張っていろんなプレイを楽しんでみるのも面白いですよ。この世に男と女がいるかぎり、セックスが途絶えることはありませんし、もっとエッチに、もっと助平なプレイをと貪欲になる男女が絶滅することもありません。草食系が増え、若い子のセックス離れが懸念されている日本ですがそれはもしかしたらごく一部なのかもしれません。
市原のデリヘルではそんな社会的な問題を微塵も感じさせることのないエロエロな濃厚なプレイを期待していて良いかと思います。

他にもこうしたヘルスのお仕事でいかにメンタルを保つか、とか病みそうになった時の対処法などは人によってそれぞれだと思います。実際にいろんなエリアで働いてきた女の子にも出会いましたし、実際に派遣されたこともあるのでよくわかります。私たちも人間だからコンパニオンとして働いていても、やっぱりストレスとは切っても切れない関係なのは、日本で仕事をしている限り続くのではないでしょうか。それでも在籍し続けていけるということは自分の中に何か信念があり、それを達成する為だと強く思うことも大切なのではないでしょうか。
あくまでも持論ではありますが、メンタルを保つことと自分に自信をつけることはイコールで結ばれると思うのです。自分に自信がなければこう言った仕事はできないものですよ。そしてそんな自分を今以上に良くしようという向上心が、私たちのように市原など様々なエリアのデリヘルで働くオンナの強みにもなるはずです。
現在フーゾクで働いている女性はもっと自信を持って仕事をしても良いと思います。それが女性を笑顔にする大きなエネルギーにもなりますからね。ただし、いつまでもダラダラと続けていける仕事ではないということだけは肝に銘じてセカンドステージに進む準備も同時に進めておけると理想的かもしれません。もしくは一生プロとして生き抜くという強い志を胸に、今日もお客様の元へ笑顔で向かうことができると素晴らしいですよね。大きなバストならさらに胸を張って、頑張っていきましょう!

公開日:
最終更新日:2016/08/27